ボールルームの上半身

このダンスを踊るときに、やはり紳士淑女のダンス、それはそれは素晴らしい姿勢でいるわけです。

特に首から肩にかけてのライン。

見た瞬間から只者ではない感じというか、細く長く、永遠に続きそうな線。

そう想像させるものがとにかく美しい。

その姿勢もあって汗は必ず首の後ろ側を流れます。


始めはこのラインを保つのが大変ですがだんだんと慣れてくる。

そして両手はお互いをホールドするために空間に一定にキープ。

こちらもその肘までのラインがどこまでも伸びいていく感覚。


でもこのある程度のルールの中で

今度は

肩甲骨の下の筋肉を自在に操る。

パントマイムのように手を残して、見ている人にはわからないような、激しく、でも優しい筋肉の使い方。

どんなに動いても基本は紳士淑女のように見えるように、やはり首と肩のラインは静かに。


優雅な音楽の中で踊るボールルームダンス。


その雰囲気は壊さず、最大限の体の動きで音楽の演奏とパートナーとの対話をドレスの中で繰り広げています。


二人にしかわからないボディトークは、見ている人に伝わるときには優雅なボールルームダンスに。


どれだけこの上半身の部分を操れるかで、ダンスのダイナミックさ、足の振りの大きさ、観客を引き込む魅力というのが変わってくると思います。


そして何より二人の対話が楽しくなる。


これからもそんなダンス追求したいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000