タンゴとフロア。

自分の体重が膝・足首を通してしっかりと床にかかり、

そのパワーが逆に床からの抵抗として自分に戻ってくる。

それを一歩一歩感じながら踊るタンゴ。

体の中に感じるタンゴのリズムはこのパワーの返しが一つの正体なんじゃないかと思っております。

力強く心地よく。

そのパワーの返しがより良いものになる様(?)、


教室の床の下にはクッション材が全面に敷かれております。

これにより弾力のある良いエネルギーが体に戻ってくるんですね。

たくさん踊っても疲れにくい!

床の具合を感じて踊るのもタンゴが上達する秘訣なのは間違いなし。

0コメント

  • 1000 / 1000